毎月恒例

数日前、1ヶ月分の生活費を調達すべく銀行へ。
家賃、奨学金の返済、食費、光熱費、携帯、ネット、カードの支払い、ほんのちょっぴり貯金*1・・・
手元に残る自由なお金なんてごくわずか。
日帰りでもいいから、たまには帰省じゃない旅行もしたい。
欲しいものがなかなか買えない。*2
毎月の事ながら、給料日で財布も気分もほくほく、なんて感じにはなれない。
こんな風だから、相棒さんの些細な言動に怒ったり、すねたり。
勝手に怒り出すわたしを警戒する相棒さんに、
「お金がないことがストレスなんだよー!!」と打ち明けた。
口に出すだけでもすっきりした。
相棒さんは「無理に貯金しなくていいし、貯金使ってもいいんだよ」と。
せっかくの言葉だけれど、
もったいなくて*3多少の金欠ごときでは使わないと思う。
そもそも自由な時間を優先して、早く帰れる仕事*4に就いたのは自分で決めたこと。


きっと同じような気持ちで生活しているひと、いっぱいいるんだろうなぁ。

*1:相棒さんとの共同貯金

*2:お金ないくせに「同じ買うなら気に入った良いものを!」という考えが悪い

*3:相棒さんが「100万円貯まったら、次のステップに進みたい」みたいなことを言っていたので

*4:時給制の派遣社員。残業なしで早く帰れる=安月給